人外魔境な連中を整理整頓。

“城落しの”ガルシャラ・カーマイン

字の通り城を一人で落としたこともある化け物。

種族、年齢一切不明。

二本一対のショートソード、巨大なブレード、規格外の金属鞭を操ることから、“四つ牙”とも呼ばれていたが、今では殆ど“城落し”。

得物や服装はすべて黒一色。別に意味があるわけじゃなく、単に冒険屋と言う家業柄汚れが目立たないようにする為らしい。

常にグラサンを掛けているが、理由はこれまた不明。本人に聞くと、「眩しいから」「バジリスクの血が混じっているから」「目が無いから」と適当な答えが返ってくる。

愛剣である巨大なブレードは“動魔剣・餓躯”と言う銘の業物。ガルシャラの意思一つで、実は30m級の機動鎧である所のその正体を晒す。

行動、思想ともに基本的には穏やかな常識人ではあるが、そう言う人間の常か、怒るとむちゃくちゃ怖い。

実際に彼を怒らせた国が、一つ地図の上から消えている当たり、その怖さのハンパ無さは推し量れる。

“聖剣使い”レニス・スタッカート

魔剣を扱うものを魔剣使いと言うように、聖剣を使うものを聖剣使いと呼ぶ。レニスは複数の聖剣を持ち、それらすべてを使いこなす聖剣使い。

聖剣は普通の魔剣と違い、使用者の力を触媒として力を発動させるものが多い。詰まるところ、強い奴が使えば強く、弱い奴が使えば弱い。 レニスが“不可視の手 インビジブルパワーズ”と呼ばれる、一定範囲内のものに対してサイコキネシスのような不可視の力を加えられる聖剣を要した場合。周囲五キロ圏内のありとあらゆるモノを粉砕することが可能だ。発生源から近いほど力を発揮する為、もし半径一キロ圏内であるならば、移動島クラスのシールドも意味を成さない。

どんなときでも崩さない無表情は、実際に生まれてからこの方ピクリとも動いたことが無い。別にそう言う種族と言うわけではないのだが。

当人が宣言してはばからない通り、思考は基本的に冒険屋だ。「あまり動かないからついに腹に来たのか。脂肪が。メタ・・・メタ・・・メタ何とかになるぞ。」とかほかの国の国王に平気で言っちゃうその胆力は、冒険を生業にしていた頃に付けた物。

“黒の”トレット・レラルム

死して未だに恐れられる男、“ホーリー・クライス”の唯一の弟子。

台風を拳で吹き飛ばし、移動島を宇宙に放り投げる破天荒で常識無視なしな師匠に付いていたせいか、実に温和で常識に満ちた人物。髪が長いのと整った顔立ちから女性に間違えられるが、一応男性。

彼の戦闘スタイルである“魔闘術”は、“拳にありったけの魔力を込めて殴りつける”と言う、シンプル且つダイナミックな技、“魔拳”を基礎にして奥義としており、その破壊力はまさに“一撃必殺”。 ちなみに、トレットが掲げる看板は、“多撃必勝 一撃必殺”である。要するに一撃必殺を乱発して必ず勝つ。と言うこと。

基本的に曲がったことが大嫌いで、困っている人がいたら助けるのが当たり前だと思っている類の天然善人。 普通ならば「青二才が!」などと悪役に一蹴されるような青臭い正義感をかざすものの、本気になれば機動鎧をまとめて十数機吹き飛ばす拳撃を乱発するトレットを一蹴出来る悪役は滅多にいない。

そのルックスと人柄から無闇にモテるが、本人はおんなっけゼロ。 一人前に成る為には、まだまだ色恋に現を抜かしている暇は無い。と、言うのが本人談。

自分の実力を極端に過小評価しているご様子。 まあ、師匠や周りの人間がトレットに輪を掛けて人外だったゆえに、仕方ないか。

ホーリー・クライス

数年前に死んだ人族の男。

どぎつい三白眼と、チンピラ口調から、町のアンチャンにしか見えない風貌であるにもかかわらず、その実力はいまや教科書に乗るほどであった。

拳を振るえば大地が割れ、空気が震えたと言われるほどの豪腕の持ち主。実際に割られた大地が、今では数箇所観光地に成っている。

どこの国にも所属せず、道路工事と喧嘩を生きがいに生涯を過ごした。どういう訳か肉体労働、それも主に“働くお父さんお母さん”を非常に好み、労働者の地位向上に無駄に尽力を腕力で尽くしたりしていた。

その一方、国家間戦争が起こりそうになったと見るや、両方の国に一人で乗り込み、軍隊に壊滅的打撃を与え無理やり交渉の席を設けさせるなど、その行動原理は謎に包まれている。

彼が死んだとき、殆どの者がその死を信じなかったと言う。 彼ほどの魔力の持ち主ならば、不死法もたやすく習得出来ていただろうと考えたからだ。 しかし、クライスは三十台後半と言う若さで亡くなった。 先に逝った彼の妻との間に出来た一人息子は、どう言う訳か“勇者”を名乗り、父と同じように自由気ままに世界を放浪している。

彼の友人の中には、未だに彼が尋ねてくるのを待っているモノもいる。あいつが一回死んだぐらいで落ち着くはずが無い。そのうちあっちに飽きたら、こっちに顔を出しに来るだろう。と、彼らの談。 実際、次元の壁を素手で引き裂いたと言う実績のあるクライスだけに、本当にやってしまいかねないところが怖い。

彼があの世から遠征に来る時が来るのも、遠くないのかもしれない。

近衛騎士団 一番隊〜三番隊隊長の方々とか。

 一番隊 隊長 “イフリート・ザ・ダークナイト”ミレイ・クロセッカ

 全員が黒い魔道強化鎧を着用し、機動鎧や戦闘艦、移動島などを保有。拠点制圧、対象殲滅などの直接戦闘に特化した隊。

 秩序だった行動を好む隊長に指揮された隊だけあって、作戦行動中の統率や行動の迅速さでは、団長も全幅の信頼を寄せている。その為か、敵対対象が小国である場合、この隊だけに出動命令が下る事もある。

 小細工も、戦術も、戦略も、作戦も無く。ただただ力を持って真正面から殴りつけ、全てを粉砕し踏みつけて直進する。レニス王国近衛騎士団を代表するような隊である。

 隊長であるミレイ・クロセッカは武門の名家、クロセッカ家の出であるためか、やたらと“騎士道”にうるさい。 ハウザーやレニス王など、基本的に常識とかどうでも良くなっちゃってる連中にとうとうと説教を垂れたり、アルベルトやマービットの悪巧みに真っ先に巻き込まれたりするのが趣味(嘘)。

 真面目真面目の真面目一辺倒なその性格ゆえか、他の隊長連中にからかわれる事もしばしば。もっとも、本人はからかわれているとも思っていないようだが。

 

 二番隊 隊長 神津 雅平

 複数の移動島や戦闘艦を保有する、艦艇戦のスペシャリスト集団。

 レニス王国が誇る魔道技術の粋を集めた圧倒的火力と、保有する人工衛星を介した移動召喚陣を使用した機動力を使っての、他隊の移送や大型戦闘を得意としている。

 旧大戦中、たった一隻の戦闘駆逐艦で、敵国の戦艦20隻を撃墜した名将、神津が指揮するこの隊は、個々の戦闘力こそ低いものの、情報戦、整備、観戦操舵などを特使とするモノが多い。ナカにはたった一人で移動島を操る猛者まで居る。

 最高の戦力を、最高の人員で運用する。人員数こそ少ないものの、この隊の戦力は小国のそれに匹敵する。この二番隊と一番隊が合同で作戦を行う事は殆ど無く、あるとすれば、それは敵対国完全鎮圧する事が目的といったような、国家間戦争に限られることだろう。

 隊長である神津は、元々は一歩兵であったが、戦場での功績により出世。当人は戦場を駆け回る歩兵に戻りたいと思ってはいるものの、如何せんその才能が邪魔をして艦隊指揮などの役回りを押し付けられる事となった。

 お堅い喋り方にきちんとした立ち居振る舞いから、とっつきにくそうに見えるが、元々は名も無き一兵卒。部下たちの受けもよく、細かな所に気を使う性格であるためか、隊員達からは“親方様”と呼ばれ親しまれている。

 兎人である神津だが、何故か女性隊員から“シブカワイイ”と大人気。時々ニンジンをプレゼントされるのだが、嫌な顔ひとつせず受け取ったりする好人物である。

 

 三番隊 隊長 “黒竜”ドレイコ・スカルホッパー

 隊員全員が機動鎧乗りであり、単独での諜報、強襲、他の隊への協力などを担当する、いわば傭兵部隊。

 隊員の殆どが元冒険者や元傭兵であり、その実力を買われてドレイコに引き抜かれたモノが殆ど。その為か統率、軍規、服務規定などと言った言葉とは全く無縁な集団である。

 かと言って、集団として機能していないかと言えば、話は別である。彼等はまるで隊がひとつの“ギルド”であるとでも言うように行動し、事が起こればまるで傭兵のように淡々と任務をこなすのだ。

 個々の能力は群を抜くモノの、規律だった騎士である事を嫌う。そんな連中に、隊長であるドレイコが上手く仕事を分配していく。 実力がモノを言う。そんなスタンスである近衛騎士団の、代表例とも言うべき隊である。

 隊長であるドレイコは、騎士団の隊長とは思えぬほど軽く、のらりくらりとした男である。 始末書、報告書などの書類仕事を嫌い、隊長の執務室に居る事を嫌い、形式ばった挨拶を嫌い、酒とタバコ好む。 ぱっと見、ただの不良中年にしか見えないが、元は他国の将軍であり、その実力は疑うべくも無い。

 とは言うものの、三番隊の詰め所をバーに改造して、部下の一人に運営を任せている当たり、ただの道楽男と言われても、仕方が無いのかもしれない。