博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 ちょっと前のジェーン少女とDr

「・・・なかなか興味深い行動だと思うのだがね。」

「ん。」

「私の見立てが正しければ、それは銃だと思うのだがね? どこかから奪ってきたのかね?」

「つくった。」

「ほう! どうやってだね?」

「じしゃくでさてつあつめた。」

「ふむ。砂鉄。 まさか、材料全てそうして集めたのかね?」

「ん。」

「成型は・・・?」

「とりのつかった。」

「ふむ。確かに私の研究室にある器具で製作可能だと思うのだがね。 使い方は何時習ったのか不思議だと思うのだがね?」

「しつじ。」

「執事君が教えてくれたのかね?」

「ん。」

「ふっ・・・っはっはっはっはっは! 通りで知らない間に起動しているわけだと思うのだがね! なるほどなるほど!」

「けんじゅうのつくりかた。 ぬすんだ。」