レニス王国宰相 アルベルト・ストラルフ(6)

「例のサンプル。ご推察通りの品でした。」

 車椅子に座ったその女性は、どこか焦点のはっきりしない目を泳がせながら、目の前の執務机に座るアルベルトに報告を続けた。

「“テラ”時間、3042年2月3日に“アルビオル・D・グッドフォース”博士が召喚に成功した“天使”。その体組織の一部。“羽”であることを確認しました。」

 がらがらに掠れた、振り絞るような声にも拘らず、女性はうっすらと笑みすら浮かべて、何か見えないものでも目で追っている様にゆるゆると視線と首を泳がせていた。

 そんな女性の態度を気にした様子も無く。寧ろ一瞥もくれることなくキーボードを叩いていた指を止め、アルベルトは深い溜息をついた。

 車椅子の女性。彼女の名は、“レブラフラ・クイルドレイ”。 近衛騎士団 四番隊隊長にして、“邪眼の”レブラフラと呼ばれる、齢600を越える大魔女だ。

 光を吸収するように黒い瞳と、同じ色の長いウエーブのかかった髪。そして、病的なまでに白い肌をした彼女は、一見すると実に美しい女性だった。年齢不詳のその外見は実に魅力的であったが、暫く眺めていると、何故か背筋が冷えるような錯覚に陥る。そう言う類の、ある種幽鬼じみたこの女性は、アルベルトの数少ない側近。腹心の一人だった。

「やはりか・・・当たって欲しくない“ご推察”だったんだがなぁ。」

 首を振りこめかみを押さえながら立ち上がると、アルベルトはとても13歳と言う年齢にはそぐわない態度で舌打ちをした。

「わたくしには理解致しかねます。あのように貴重な希少な物を使って“絵の具”を作るとは。」

 ゆるゆると視線を泳がせながらそう言うレブラフラに、アルベルトは「俺もそう思うがな」と頷いた。

「アルビオル・D・グッドフォース。道楽な猫人で、興味を持ったら突き進むタイプ。その男が召喚に成功し、その後“絵の具”を作るために同人が何らかの手段で召喚した天使を捕獲、殺害した事件。俗に“リゴドアバレー・天使解体事件”。 そのとき作られたっつー“エンジェルホワイト”って“絵の具”。知ってるな?」

「は。 例のサンプルの事かと。」

「そうだ。 恐らくな。 お前に解析を頼んだサンプルは、“マブレー・クワリフ”作・絵画“廃頽”に使用されていた絵の具だ。」

 アルベルトの言葉に、レブラフラは感心したような、面白い事でも見つけたような声を出した。

「リゴドアバレーの件は、確か今だに不可解な点が多いと聞きます。曰く。何故天使を捕まえられたのか。何故絵の具にしたのか。そして、術式自体はそう難しくも無いとはいえ、なぜ天使を、“医者であるアルビオル博士が”召喚したのか。」

「それに付け加えて、作った絵の具はどこに消えたのか。」

 アルベルトはそう言うと、自分の机の引き出しに手を書け、一枚の白紙を引き出した。机の上にそれを置くと、いつの間にか真っ赤な液体塗れになっている人差し指をそれに押し当てる。

「天使召喚は行われたものの、暴れないうちに絵の具なんかにされた事件だ。約40年前の事件だが、今でも時々騒がれるからな。」

「謎が謎のまま四十年前に消えた絵の具が、画家の手で使われていた。と、言う事ですか。」

「そう。そう言うことだ。」

「今この時期にわたくしにこのサンプルを調べさせたと言う事は。なにか有るのですか?」

 紙の上に押し当てられた指に付いた真っ赤な液体。自身の血が徐々に紙に吸い込まれていくのを眺めながら、アルベルトは不機嫌そうに眉をしかめた。

「あって欲しくないんだがな。 マブレー・クワリフって男は、なかなか腕の良い絵師なんだが、数ヶ月前白い絵の具を持った人物が、“此れを使って絵を描いてくれ”と依頼して来たらしい。 今まで見た事も無いような白に、マブレーは1も2も無く飛びつき、“廃頽”を僅か一週間で書き上げた。完成したそれは暫くマブレーの仕事部屋に飾られた後、依頼人の手に渡った。」

 紙の中央に、十センチほどの血で出来た円が形作られた所で、アルベルトは紙から指を離した。

「そのさらに一週間後。マブレーは何ものかに“頭だけ齧りとられて”殺された。遺体が見つかったのは、公園のブランコだったらしい。」

「“廃頽”は今どこに?」

「それがな。どう言う訳か“天使を召喚する”とか言い出した国に向かって運ばれてる。それも堂々と。客船の美術館に展示されてな。」

 アルベルトの言葉を聴きながら、レブラフラは楽しそうにくつくつと笑いをこぼす。

「きな臭い。気に入らない。調べて来い。」

 心底楽しそうに宙に目を泳がせながら呟くレブラフラ。

「そうだ。それが俺の命令だ。お前はマブレーに絵を描かせた奴を徹底的に調べろ。根掘り葉掘り。全てだ。」

 アルベルトは自分後の染みた紙をレブラフラに突きつける。レブラフラはその紙に視線全く動かさないにも関わらず、正確にそれを受け取る。

「絵自体の方には別の奴を付ける。お前は四番隊を使って、手段問わず仕事を片付けろ。良いな。」

 十三歳の少年の言葉に、齢600を越える美しい大魔女は、実に楽しそうにくつくつと笑い声を上げると、その車椅子が示すように体が動かないのか首だけをコクリと動かした。

「はい。お師匠様の命とあれば。」

リンク品

 レニス王国と言う国は、戦闘国家である。

 その戦闘国家っぷりは、先の大戦で活躍した“英雄”を“王”にしてしまうほど徹底している。

 現国王“レニス・スタッカート”は、一中隊を指揮していただけの兵隊であった。 が、その実力は人間と言うか。なんかもう生き物とかの範疇をぶっちぎりで突き破っていた。

 太古龍を拳撃で手なづけ、様々な精霊から授けられた聖剣を十本ほど背負い、命令書を読み違え敵軍に特攻し壊滅させ、“天空の搭”と呼ばれる古代遺跡(ダンジョン)を圧し折り、最終的には単身“魔王”を切り伏せてしまった。

 

 そんな、ある意味人間失格っぽい“王”は今・・・謁見室に無理矢理設置したコタツに当たりながら、聖剣でリンゴを剥いていた。

「あ・・・れが・・・王なのか・・・?」

 鬼気迫るほどの真顔でリンゴを剥いているレニス王を、デンノスケはドアの隙間から覗き込んでいた。レニス王が発する異常なまでの真剣さに呆れてか、デンノスケの額には脂汗が浮かんでいた。

「機動鎧の試乗してもらいたいところにゃんだけど、この街今物騒だから余所でやるにゃ。」 そう言って歩き出したアンブレラについていって、暫く。デンノスケとバルは、何故かレニス王国の首都“アーディガルド”にある、王城にやってきていた。

「で、なんで国王に会いに来たんだ。って言うか何で簡単に通されるんだよ・・・。」

 王制を執る国において、王とは神に与えられた絶対の地位とされることが多い。

「まー。人間社会はコネも実力のうちってことかにゃー。」

 にゃっはっは。と、機嫌良さそうに笑うアンブレラ。

「まーまー。そんなことより速く中に入る事にするのにゃー。」

「ま、まて! まだ心の準備が・・・!」

 謁見室の入り口付近で躊躇ってるデンノスケを無視して、アンブレラは元気良くドアを開けた。

「にゃっほー。レニス。ひさしぶりだにゃ〜。」

 部屋に入るなり、アンブレラは気軽な感じでひらひらと手を振りながらレニス王に声を掛けた。とても一国の王を相手にしている態度には見えない。 が、レニス王は怒る訳でも気分を害した風でもなく、フツーに友人が自分のアパートに尋ねてきたかのようなリアクションで顔を上げた。無論、表情は鉄仮面のようにピクリとも動かない真顔である。

「ん? レインブーツか。遊びに来たのか?」

「いんにゃ〜。ちょっと近衛騎士団の訓練施設借りようかとおもってにゃー。」

「何をするんだ?」

「機動鎧の熟練運転だにゃー。新人さんにテストさせてあげたいんだにゃ。」

「そうか。良いぞ。好きに使え。 今リンゴが剥けたんだが。食べていくか?」

 訓練施設よりもリンゴが大事。そう言わんばかりに、熟練運転と言う言葉に特に反応しないレニス王であった。

「にゃー。つれがいるんにゃけどにゃ。」

「例の異界の勇者殿か。」

 レニス王の言葉に、デンノスケは一瞬身を硬くした。どうしてこの国の連中は悉く自分の事を知っているのか。

「確かこっちの世界の探索に来ているのだったな。」

「そうにゃ。 レニス王国は色々集まる貨物駅みたいなもんにゃ。人も情報も集まり易いからにゃ。そう言う意味では、あの二人にはもってこいの場所にゃ。」

「そうか。 とりあえず、入ってもらわねば話が進まん。」

 レニス王はむっくりと立ち上がると、ドアをガチャリと開け、顔を廊下側に突き出した。

「な?!」

 突然現れた王の顔に硬直するデンノスケ。と、特にリアクションの無いバルを確認すると、レニス王は首だけ突き出した体制のまま口を開いた。

「私は“レニス・スタッカート”。冒険者だったんだが、色々あって兵隊になり、今はレニス王国国王を生業にしている。 君達の事は少し前にフェネクスに色々聞いている。 他の国に行って、自分達が守護するものの脅威に成るか否かを調べるのが仕事だとかなんだとか。大変そうだな。」

 何度か頷くと、レニス王はドアを開け、全く変化しない真顔のまま、だだっ広い部屋の中央に設置されたコタツを指差した。

「立ち話もなんだ。とりあえずコタツに当たって、リンゴでも食べながら話そう。 君達の役目にも興味がある。聞かせてくれれば、この国の事に付いて話そう。どう言う訳か私が尋ねると大体の情報は部下が調べて来てくれるのでな。理由は良く分からんのだが。」

 本気なのか冗談なのか。その全く変化しない鉄面皮からは全く判断が付かなかった。

 それまで特にリアクションの無かったバルだったが、少し眉間に皺を寄せると、デンノスケの耳元で囁いた。

「変わった王なのか?」

「ああ。どこから突っ込んで良いのか分からないレベルだ・・・!」

 何となく、この国の人間については大体分かってきたデンノスケだった。

お正月だよ何人か集合。

「明けましておめでとう御座いまーす。 お年玉下さいよ宰相閣下。」

「マービット。テメー幾つになってんだゴラ。おい。ああ?!」

「おい、そこの国王。醤油取れ、醤油。もち焼けたから。」

「うむ。」

「なに国王顎で使ってんだハウザー!! つーかなんでてめーら俺の執務室に七輪持ち込んでんだおい! 書類が焼けるだろうが!!」

「はっはっは。師走は忙しくて更新も間々成らなかった管理人が、苦肉の策で生きていることだけは伝えようと立てた企画だと思うのだがね。 多少の犠牲は止むを得ないと思う訳なのだがね。」

「なに忍び込んでんだ鳥! つーかお前か!! ウチの女性職員にウサ耳付けて逃げていったガキって! シバキ倒すぞ!」

「一話書き終わっていない(一月三日十五時二十九分現在)にも関わらず番外編を挟むのは、なかなか勇気がいると思うのだがね。」

「しらねー!! 出て行けお前ら! 俺には正月もクリスマスも無いんだよ!!」

「うはー。切ないっすねー宰相閣下。閣下の年ならお年玉貰って遊んでる頃合いッスよ。いま。俺も今そんな感じっすし。」

「どっかのボケどもが働かないせいで俺に仕事がまわって来るんだよダボが!! つーかお前はお年玉なんて貰うな!! いくつか!!」

「永遠の高校生っす〜。」

「笑顔を見せるな!! はらたつわ〜まじで!!」

「この間マービットが学生服を着て学校に入っていくのを見たぞ。王として止めるべきかと思ったが・・・。」

「止めろ。止めろ!! 何考えてんだマービット! ていうかなんでそんなシーンに居合わせた! また城抜け出したなこの痴呆王!!」

「面白そうだったから私も入った。」

「入るなぁぁぁあああ!! 何考えてんだおいおいおいぃぃ!!」

「たのしかったっすね〜。」

「うむ。 う・・・むぐっ・・・!」

「ああ? どうした国王。 ・・・コイツ餅のどに詰まらせたぞ。」

「喉に餅を詰まらせる国王。庶民派だと思うのだがね。」

「ぎゃぁぁぁ!! 何やってんだよレニス!! マジ顔青くなんてんぞどうすんだこれ!!」

「背中叩け背中。」

「ハウザーは止めろ! 折れたらどうするんだ!背骨とか!」

「お前俺の事なんだと思ってんだ。そのぐらい後から加減(ボキ)あ。」

「王様がヤバイ顔色なのに超無表情でのた打ち回ってるっす〜!!」

「オオ! これはなかなかお目にかかれない光景だと思うのだがね! 是非私の自分史に」

「書くな!! 水水水!!」

「酒しかないと思うのだがね。」

「良いから飲ませろぉぉ!!」

「・・・っ! ・・・ぐっ・・・! 死ぬかと思った・・・。」

「死なれてたまるか! どう発表していいか困るわ!!」

「私が死んだら・・・そのことは三年は伏せて置いてくれ・・・。」

「なに重い表情で言ってんだよこのボケ・・・。」

「所で。今年は猪の年だと英児が言っていたと思うのだがね。」

「おお。干支とか言ったか。うちの二番隊の連中もそんなこと言ってたな。」

「猪か。そうなると今年はハウザーの年と言う訳か。」

「猪武士っすからね〜。」

「うむ。まさに“白銀の重戦車”の二つ名に相応しい突撃っぷりだと思うのだがね。」

「戦術って言葉の意味を考えとらんのだろ。」

「考えてるぞ。一応。」

「どんなよ。」

「俺が一人で殲滅させればソレで終わるだろうが。」

「・・・出来るから恐ろしいと思うのだがね。」

「・・・隊長は鬼神っす。」

「って、寛いでんじゃねぇぇぇ!!!」

 

 この後数時間、城の中で命を懸けた鬼ごっこが開催される。が、ソレは別の話。