博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 ちょっと前のジェーン少女とDr

じゅーすとこーひー

 

 

「ん。」

「ふむ。ポンジュースは気に入ったかね?」

「ん。おいしい。」

「それは良かったと思うのだがね。 わざわざミカンを買って来て絞り上げた会が有ると言うものだと思うのだがね。」

「しぼりあげた。」

「うむ。絞り上げたね。それはもう日本てぬぐいに包んで此れでもかと言うほど。はっはっはっは!」

「どくたーはなにをのんでるんだ?」

「私はコーヒーだね。やはり徹夜の友と言えば、コーヒーだと思うのだがね。これから仕事を片付けなくては成らないからね。目覚ましだね。」

「それ。 おいしいのか?」

「うーむ。難しい質問だね。人それぞれ好みがあるから一概にはいえないと思うのだがね。まあ、私にとって見れば、美味しいと思うのだがね?」

「ん。」

「ほう。飲んでみるのかね? まぁ、ぬるいから大丈夫だとは思うのだがね。火傷には気を付けると良いと思うのだがね。」

「ん。 ・・・・・・。」

「味はどうだね?」

「・・・・・・・・・あ”ぁぁぁ〜〜。」

「おお。御気に召さなかったようだね。苦かったかね?」

「ん。 ・・・・・・。」

「む? また飲むのかね?」

「・・・・・・・・・あ”ぁぁぁ〜〜。」

「・・・ふっ! はっはっはっはっはっは! 怖いもの見たさとかそう言う類の感情なのかも知れんと思うのだがね・・・!」

「にがい。」