博士の風変わりな研究と飯のタネ(29)

 三十階建て以上の高層ビルが立ち並び、広い三車線道路が敷かれている。 立ち並んだ街路樹はどれも大きく力強い。緑化が義務付けられているためか、町並みには見渡しただけで何百本と言う樹木や、様々な緑、花が有った。

 行きかう車は魔法によって動いている為、有害な排気ガスなどとは無縁だ。そのためか、この大都会“アクア・ルート”と言う街は、我々が知る大都会とは異なり、清々しいまでに空気の澄んだ所だった。

 舗装された道路に使われているのは、礫やジャリなどを圧縮、一枚石のように固めたもので、石油のような化石燃料から作られたもので無かった。 そのためか、人工的に作られたはずの路面すらも、踏み固められて出来た道のように自然な外観に見えていた。

 広く清潔な印象のある表通りは、海岸線に沿って延びていた。 大型の船が発着し、物資が行きかうアクア・ルートでは、海、つまり港の近くが一等地な訳である。 逆説的に、海から離れた所は、住宅地や工業地帯となる訳だ。 そしてそのさらに内陸側は、スラムや開発されていない森が広がっている。

「しっかし。スラムスラムッて言うけどさ。ここのスラムはスラムじゃねーなぁ、おい。」

「ほんと。ほんとそう。マジありえねぇー。美しすぎでしょ! この街のはよ!」

「上下水道と魔力線の普及率100%だそうですぞ。」

「ブルジョワジー!」

 アクア・ルート上空を飛び交いながら、“七海殺戮海賊団”の機動鎧乗りたちは、思いの丈を叫び合っていた。 大半が辺境生まれの彼等にとって見れば、アクア・ルートはスラムでさえ超が付く大都会に映るのだ。

「チンピラもヤクザモンもいねーっつー話よ?」

「そ。そっそ。マジでデカイ組織でもねぇー限りここじゃ一瞬で消されっちまうだろうからな! なにせ騎士団傭兵冒険者! ビックリ人間で一杯だ!」

「都会はいいなぁ〜。都会はよぅ。 ねぇ、兄(あに)さんもそう思うッしょ?」

「・・・へ? ぼく?」

 行きかう共同無線をぼけーっと聞き流していたところに急に声をかけられ、“兄さん”こと、“ライエル・クワイゼン”は、驚いたように顔を上げた。

「なにしてたんすか? 兄さん?」

「うん。ちょっと考え事だよ。気にしないで。 でも、本当に綺麗だね。この街は。うん。壊さないように気を付けながらお仕事しないとね。」

 そう言うとライエルは、ニッコリと笑顔を作った。

 ライエルはダークエルフでありながら、柔和で純朴な顔立ちだった。種族の特徴である“美しさ”をどこかに忘れてきたように素朴さを、全身から漂わせていた。 どこかボーっとしたような目に、ヘラッとした口元。輪郭も可もなく不可もなく。十派一絡げにされそうな顔立ちに、少し太めの眉。身体つきも実に普通な、中肉中背だった。本来筋肉質でありながらしなやかで鞭のように引き締まった身体であるはずなのだが・・・そんな要素は微塵も無かった。

 一見頼りなさげなライエルだったが、彼の機動鎧乗りとしてのセンスは、ずば抜けていた。本来、熟練の戦士が扱うことでその性能を発揮するのが機動鎧である。それは、イメージをそのまま機動に反映する機構が有るからである。 肉体の延長として作られて居る以上、己の肉体を使いこなせるモノが乗った方が、強くなるわけだ。 しかし中には、“肉体の延長”ではなく、“機動鎧”として機動鎧を操り、熟練の戦士に並ぶほどの性能を引き出す手合いが居た。そう言った連中のことを、“乗り手”“機動鎧使い”などと呼んだ。 つまりライエルは、その“機動鎧使い”なのだった。

 その才能からライエルは、七海殺戮海賊団の機動鎧乗りをまとめるリーダー担っているのだった。

「しかし兄さん。本当に騎士団の連中は襲ってこないでしょうか。兄さんの“刀翼”なら兎も角、私達の機体では逃げ切る事も出来ませんぞ。無論、腕もありますが。」

 不安げな部下の言葉に、ライエルはへにゃっと、崩れるような笑顔を作った。 イメージを機動鎧に伝達するためのヘッドギアを付けている物の、フルフェイスで無い為、表情は分かりやすかった。コックピット事態は狭く、全身を仰向けの状態で完全固定するタイプで、一見高速具のようにも見えた。

「心配しなくても大丈夫だよ。シャムリース君も言ってたでしょう? すぐに賞金首さん見つけて捕まってもらって、すぐに逃げちゃえば。 皆だって、高速セッティングで来てるんだしね。」

「それはそうなのですが・・・。」

「を・・・。なんじゃこりゃ。」

 納得いかなそうな部下の声をさえぎり、他の部下が声を上げた。

「高エネルギー反応。市街地から。ドデカイ喧嘩だぞ。それと、首を視認。見つけましたぜ、兄さん!」

「うん。やったね。さっそく、捕まってもらいに行こうか。全員、ぼくに付いて来てね。」

『おう!!』

 威勢の良い掛け声を合図に、町中を飛び回っていた七海殺戮海賊団の機動鎧が集まり始める。

「他の賞金首の人たちと喧嘩に成らなければいいんだどけどね。」

 心底そう思っているように言いながら、ライエルは意識を愛機“刀翼”に沈めた。完全にシンクロすると、機体自体が自分の身体に成ったような感覚に成る。頭、視界、足。それら全てが、自分の物として感じられるようになるのだ。

「じゃあ、行こうか!」

 張り切ったように声を弾ませながら、ライエルは機体を発進させた。 目指すは賞金首の要る、市街地である。 ちなみにこのときライエルは、部下から報告があった高エネルギー反応の事などすっかり忘れていた。 忘れていたのだから、「もしかしたら戦闘によって検知されたエネルギーかもしれない」と言う考えには当然至らず・・・「戦闘しているのは賞金稼ぎで、鉢合わせになったら戦闘になるかも」などとは小指の先ほども考えていなかった。 基本的におき楽な性格なライエルであった。

博士の風変わりな研究と飯のタネ(28)

「まいったっすねぇ〜。俺、隊長と違ってデスクワーク派なの、テトさんだってしってるじゃないっすか〜。 喧嘩なら他の人としたほうが楽しいっすよ〜?」

 引き攣った笑いを浮かべながら、マービットは背面の壁にぴったりと張り付いた。一言で言えば、逃げる気満々の体勢だ。

 その数メートル手前の空中に、“白炎狼”テト・ウルフは仁王立ちしていた。勿論足元に、足場になるようなものは何も無い。 テトの足元は淡く白色の光を放っていた。魔法陣が発動している時独特の光である。靴に空間固定の魔法陣を書き込むことで、何も無い空間を踏みしめる事を可能にしているのだ。 こう言った装備は、空を飛ぶことが出来ない騎士や、フライト系の魔法を使うより自分の足を使った方が機動力があると思っている魔術師などが良く使っている。消して珍しいものではないのだった。

「だーかーらー。ふざけんなっつってンだろダボがぁ!! ガルシャラが言ったから仕方なくテメーの相手しに来たんだぞ!! ほんとだったら今ハウザーとやってるのは俺だったんだ! あの超鋼鉄バカを分子レベルで分解するまで消し炭にしてやるつもりだったっつーのによぉぉ!!」

 ギリギリと歯軋りをして悔しがるテト。地面も無いのに地団駄を踏むという小器用な事をしながら、全身から怒りの炎を噴出させていた。 ちなみに、この怒りの炎と言うのは、比喩表現でもなんでもない。実際に炎を全身から吹いているのだ。

 テトが扱う魔法で使われる魔力は、生命エネルギーとも言えるものであった。そのエネルギー量は、感情や体調に直結しており、感情が高ぶれば高ぶるほど、体調が万全なら万全なほど大きく、濃く、強くなる。 故に、超が付く健康優良児且つ、切れたらとめどないテトの魔力は、底なしで極濃。そしてそれを操る術者であるテト本人は、幾千幾万の実戦と、常軌を逸した訓練を積んで来た魔術のエリートである。普通の同系列の術者ならば、逆立ちしても不可能な、“考えただけでの魔術の発動”が可能なのだった。 テトが扱う魔術において、魔力とは此方の世界で言う所の電気に等しい。そこから冷気、熱など別のエネルギーを作ろうとすれば、それなりの装置成り何なりを通さなければならない。それが呪文であり、魔方陣なのだ。 魔力と言うエネルギーを、直接別のエネルギーに変換出来る。それこそがテトの術者としてのスペックであり、武器だった。

 怒りで魔力を燃やしながら、テトは思い切り振りかぶってマービットを指刺した。

「大体な! どんだけ付き合ってると思ってんだぁ?! どこの誰がデスクワーク派だってんだ!! ああ?! こんなマネし腐ってよぉ!!」

 テトの言葉に、壁に張り付いてたマービットは力が抜けたような苦笑を浮かべた。

「あぁ〜。やっぱり気付かれるっすよねぇ〜。」

 こんなマネ。見た目ではわからないが、マービットはテトに攻撃を加えていたのだった。極細で強靭な糸を、風に乗せてテトの身体の周りに囲わせていたのだ。 後は手を軽く捻れば、単分子カッター宜しく、テトはナマス切りになるはずだった。が・・・。

「ヤッパこの糸、熱に弱すぎっすかねぇ〜。」

 あはははは。と、苦笑しながら、頭を掻くマービット。 マービットが張っていた糸は、熱に弱く、高温に晒されるとすぐに焼け落ちてしまうのだ。かと言って、マッチやらライターの熱で焼けるほど脆くも無い。少なくとも800度以上の高熱でなければ、ビクともしないだろう。

「炎を纏ったのは防御のためっすね・・・?」

 マービットの問いに、口端を吊り上げるテト。

 実は、最初に声を聞いていた段階で、マービットは糸の散布を開始していた。テトの周囲を完全に囲み、今切り刻まんとした瞬間に、テトは炎を纏ったのだった。

「防御? ざけんなボケ。こんなもん攻撃じゃねー。だから防御の必要もねー。ただのお遊びだってんだよ。 大体、これからだろ? ほんとに面白いのはよぉ?」

 先ほどまで不機嫌の絶頂のような顔をしていたテトだったが、今はもう楽しそうに不敵な笑顔を作っていた。肉食の獣の様な、攻撃的な笑みだ。

 そんなテトの顔に、マービットは苦笑しながら、諦めたように溜息を付いた。

「俺もまだ死にたくないっすし。倒せないまでもそれなりに足止めせにゃ、隊長に怒られるっす。」

 こきこきと首を鳴らすマービット。表情はいつものへらへらしたものだった。が、目だけは、妙に剣呑な色に成っていた。

 その目を見てテトは、“もう楽しくて堪らない”とでも言うように、口端を吊り上げた。 突きつけていた指を握りこむと、グッっと、大きく仰け反るように拳を後ろに振りかぶった。さらに、反対側の手を前に突き出し、照準装置で有るかのように、その手のひらをマービットに向ける。 そして、ユックリと深く、腰を落とす。拳で居合い抜きでもするようなその体勢は、テト独特の構えだった。

 一方のマービットは、特に構えるわけでもなく、両手をだらりと下に垂らしたまま、自然体で突っ立っていた。別に、本当にただ突っ立って居る訳では、勿論無い。

「行くぞゴラ!!」 テトがそう叫び、殴りかかろうと、前に重心を動かした、その瞬間だった。

 突然、ビルの間を縫うように。テトとマービットの頭上を掠めるように、十数機の機動鎧が飛び去っていったのは。

博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 ちょっと前のジェーン少女とDr

こめ ごはん

 

「テーブルは拭けたかね?」

「ふいた。」

「ふむ。初めての仕事はきちんと終ったようだね。」

「ほうしゅう。」

「仕事が出来たら報酬を渡す約束だったね。」

「あ〜。」

「・・・む? 不満かね・・・? ああ! 私としたことがうっかりしていたと思うのだがね。 君が私から、“力”で“ぶん取る”のだったね!」

「ん。」

「まあ、言葉の違いだと思うのだがね。こう言った物を容認するのも、応用力と言う立派な力だと、私は思うのだがね。」

「ちから。」

「納得してくれたようだね。」

「たべものだせ。」

「はっはっは! 豪胆だね君は。 さ。運ぶのを手伝って欲しいと思うのだがね。テーブルに持っていって欲しいのだがね?」

「ん。」

「気をつけて持つと良いと思うのだがね。熱いからね。」

「なんだこれ。」

「ん? ああ。君は見た事が無いかもしれないね。コレは米と言うものを炊いた、ごはんと言う奴なのだがね。 ついこの間の仕事で報酬として頂いてね。コレがなかなか美味しいのだよ。」

「おいしい?」

「美味しいね。 ・・・ふむ・・・。そうか・・・今まで美味しいと感じる事があっても、それが美味しいと言うものだと知ることが無かったのかも知れないね・・・。 まあ、食べてみれば分かると思うのだがね。 さぁ。持っていって欲しいのだがね。」

「・・・・・・がぶ。」

「おお。せっかちだね。箸も使わないどころか茶碗からダイレクトとは。」

「あつい。」

「火傷をしないようして欲しいと思うのだがね・・・。」

「これがおいしいか。」

「多分、そうだと思うよ。いやな味はしないだろう?」

「たくさんたべたいあじだ。」

「ふむ。気に入ってくれて何よりだね。 まあ、ここには横取りを狙う者はいないからね。ユックリ食べて平気だと思うのだがね。」

「ん。」

「ふむ・・・。沢山食べると良い。オカワリはあるからね。」

「あ〜。」

「む?どうしたのかね?」

「あたまにて。」

「ああ。これは“撫でる”と言うのだがね。 嫌かね?」

「あ〜・・・。 おいしい。」

「む・・・? ああ。嫌じゃない、と言うことかね?」

「はっはっは! おいしいと同じ感じがしたかね?」

「ん。 これはおいしいじゃないのか?」

「似て非なるもの・・・。まぁ、似たようなものだね。これから少しずつ、違いを覚えていけば良いと思うのだがね。」

「ん。  もっと。」

「ふむ。もう食べ終わったのかね? では、次は机で食べると良いと思うのだがね。その方が食べ易いだろうしね。」

「なでる も、もっと。」

「ふむ。どちらも気に入って貰えた様だね。」

博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 ちょっと前のジェーン少女とDr

「ふむ・・・。今日は少し奮発して、高い肉でも買って見ようと思うのだがね。」

「こめ。」

「白米ばかり食べていると栄養が偏ると思うのだがね。バランスの取れた食事は、体作りの基本だと思うのだがね。」

「ああ〜。」

「そう不満そうにしなくても良いと思うのだがね? この肉は以外と美味しいのだね?」

「うまい。」

「うむ。美味しいと思うのだがね。いつもならこんなに高いのを買っていくと執事君に怒られるから、他のを撰ぶ所なのだがね。今日は特別だね。」

「たかいとうまいのか。」

「ふむ。まあ、基本的にはそうなると思うのだがね。」

「どくたーはたかい。」

「む?」

「わたしはたかいのだがね。って、いってた。」

「ああ。昨日の依頼人との会話だね。良く覚えていたね。 まあ、私は私の好みの仕事しかしないからね。報酬もそれなりに取るから、様々な意味で安くない。つまり高い冒険者だと思うのだがね。」

「たかいとうまい。」

「ふむ。いや。私の高いと言うのはそういう意味」

「がぶ・・・。」

「・・・。」

「・・・。」

「・・・む、むぅっ・・・。」

「・・・まずい。」

「・・・ふっ。 っはっはっは! おんぶしている人物に後から首筋を噛まれると言うのも、中々出来ない体験だと思うのだがね!まして味見としてと言うのは特に!」

「まずい。」

博士の風変わりな研究と飯のタネ(27)

 黒いライダースーツに、フルフェイスヘルメット。に、見える装備。 実際には幾重にも魔術的防御加工の施されたそれらを着込んだ“人形”は、まるで人間のように素早く変化に富んだ身のこなしを見せた。 連携と呼べる動きこそ無いものの、一体一体の人形の動きの正確さや戦闘能力は、普通や並の冒険者や戦闘屋の追随を許さないであろう程に高かった。

 が。 にも拘らず、防護服を装備した“人形”たちは、次々に撃破されて行った。理由は簡単。相手が普通や並ではなかったからである。

「気合い斬! 気合い突き!! 気合い連斬!!! 気合い! 気合い!! 気合いぃぃぃぃ!!!」

 何かにとり付かれたように只管“気合い”と連呼しつつ、大剣を振るう英児。その一振りは文字通り空を裂き、“剣風”となって敵を切り裂いた。魔力を含んだ訳でもなく、剣の能力によって作り出されたのでもない、純粋に“腕力”と“剣速”によって作りだされた“剣風”。 勿論、一振りから生まれる“剣風”など、精々車を吹き飛ばす程度のものだ。それはそれで凄い訳だが、“人形”が装備している装甲から見れば、“その程度”と言う言葉を使われてしまうような代物だ。 しかし連児は、その破壊力不足を、マシンガンのような連射で完璧に補っていた。 足を固定し微動だにしないまま、デタラメに振るっているかのようにすら見える勢いで剣を振るい、嵐のような“剣風”の“暴風域”を形成していた。 “人形”達はなんとかその“暴風域”を越えようと接近を試みるものの、襲い掛かる全てが見るも無残吹き飛ばされ、粉々に粉砕されていた。

「なんてデタラメなのよあの赤鎧・・・!」

 英児の“暴風域”から離れた所で、若干引き攣った顔で唸るシュナ。 大量の人形に紛れて距離を取っているのだが、それでも風圧が容赦なく吹き寄せてくる。粉々にされた人形の破片なども、まるで竜巻に巻き込まれたガレキのように宙に舞い上がっている。

「脳みそ筋肉には筋肉なりの利点があるのね・・・どこまでも筋肉だから筋肉疲労が無いのよ。絶対・・・!」

「そんな訳ないじゃん・・・。」

 突然、シュナの真横。何も無い空間から声が響いた。

「なによループ。 こんな所に居ないでさっさととっととあの筋肉バカな赤鎧斬り伏せてきなさいよ。」

「む、むちゃいわないでよ・・・! 僕じゃああんなの近づける訳無いじゃんか・・・! 幾らステルス使って気配も姿も消したって、全包囲攻撃には無意味だよぉ〜・・・!」

 何も無いはずの場所から響くループの情けない声に、思わず溜息を漏らすシュナ。確かにループの声はするのだが、姿は全く見えなかった。光の屈折や後方の風景をそのまま前面に映し出す魔法に、熱や音を消し去る類の魔法。それら高度なステルス系の魔法が複数かけられたものを、ループは着込んでいるのだ。 シュナ呆れたような顔をしながら、ふるふると首を振る。

「情け無いわね〜。そんな大仰な装備着込んでるくせに・・・。 じゃあ、ジェーン倒してきなさいよ! あっち。」

 そう言いながら、英児とは別方向を指差すシュナ。

「あっち・・・?」

 シュナが指差した方に、ループは顔を向けた。その先に居るのは、勿論ジェーンだ。

 微動だにしない英児とは対照的に、ジェーンは地面を滑るような速さで駆け抜けていた。自分を追いかけようと動き出した人形に逆に近づくと、踏み込み足の膝に足をかけ、その動きを封じる。そのままの勢いで、膝蹴りを人形の顎に叩き込む。“シャイニング・ウィザード”と呼ばれるプロレス技だ。そうして人形を一体破壊すると、そのまま宙に身を躍らせ、ホルスターから引き抜いた“オルトロス”を発砲する。二丁一対のリボルバー拳銃。六発ずつ。計12発の弾丸は、一発の狂いも無く人形の頭を打ち抜いていた。 着地すると、ジェーンは素早く弾丸を排出させた。袖口のポップアップ式の装弾装置を起動させ、一瞬で装弾を完了させる。その間にも、近づいてきていた人形を後回し蹴りの一撃で破壊している。

 動き回るうち、いつの間にかジェーンが人形に囲まれたような状態になる事もあった。無論、人形はその瞬間を逃さず、一斉に襲い掛かる。 が。人形はジェーンに触れることすら出来なかった。 拳銃での戦闘術に、ガンカタと呼ばれるものがある。銃での戦闘を、統計学、人体力学、解剖学、その他、様々な要素を取り入れ、最大効率で敵を殲滅するための技術である。時に腕を交差させ、発砲反動すら利用して素早く次の対象に照準を合わせるその動きは、まるで計算し尽くした機械のような正確さを発揮する。ジェーンの射撃は、まさにそれだ。しかし、リボルバーと言う銃の性能上、一度に倒せるのはどうしても精々12体までだ。それ以上の敵に囲まれた場合は、ジェーンはコレをことごとく蹴りで破壊していた。銃で両手が塞がり、接近戦が不利なように見えるが、ガンカタと言う技術を体得しているジェーンにとっては全く問題が無かった。銃弾を蹴りに置き換えれば良いだけの話なのだから。

 まるで計算された“殺陣”のように鮮やかに人形を破壊していくジェーンを眺め、ループは「うへぇ・・・。」と、情けない溜息を吐いた。

「どうしても戦わないと駄目・・・?」

「当たり前でしょう?!」

 姿が見えないループの気弱な台詞に、シュナは怒鳴り声を上げた。 成るべく背の高いループの耳元に口が行くように、精一杯背伸びをしている。

「早いとこあんな連中片付けないと、賞金首が逃げちゃうでしょ! それに、“パペッター”やナップが見つかったらどうするの?!」

「・・・ん・・・。」

 それまであまりやる気が無さそうだったループの雰囲気が、突然真面目なものになった。

 “二十日鼠”の戦術は単純明快。 人形で圧倒し、ループがサイレント・キル。シュナが戦争用の大量破壊魔法で、それぞれ止めを刺す。 それゆえに、“パペッター”とナップは、全くと言って良いほど直接戦闘には向かないのだ。

「分かったよ・・・。英児さんはどうにもなら無さそうだから、ジェーンさんの方、僕が何とかする。」

「分かれば良いのよ。 じゃ、私はあの筋肉バカを燃やし尽くしてやるわ!」

 やる気満々な様子で、不敵な笑顔で握り拳を作るシュナの背中を見ながら。ループは大きく、疲れたような溜息を吐き出した。