レニス王国宰相 アルベルト・ストラルフ(3)

 アルベルト。 アルベルト・ストラルフ。 若干十三歳にしてレニス王国と言う、世界随一の戦闘国家の宰相を務める男である。

 “英雄王”“勇者”とも呼ばれる現レニス王を、冒険者時代から支えてきたアルベルトにとって、今こうして宰相の地位に居る事は予定外以外の何ものでもなかった。

 

 ほんの一昔前のことである。

 この世界には、レニス王国と並ぶ巨大国家が存在していた。もっとも、それは核力があって、人工が多く、国土が広いと言うだけの事であって。軍事力の面で言えば、レニスには及ばないものであった。 比較的穏やかで温厚な気質であったその巨大国家は、他国に食糧を輸出する事で成り立つ国であった。しかし、そう言った国の常とは反し、裕福な国でもあった。 国王が良制を敷き、他国との交渉も匠だったためである。

 莫大な量の食料を武器に交渉のみで他国を退け、飄々と外交をくり広げる様は、多くの政治家を目指すものの手本とも言われる程だった。 しかしその評価は、ある日を境にがらりと変わる事になる。

 その巨大国家が、世界の覇権を握ろうとした事が発端になり、その“大戦”は幕を上げた。今から約、10年前のことである。

 その大戦で、アルベルトはレニス王国の一軍人として戦場に赴く事になった。当時三歳であったアルベルトだが、彼自身のとある“特殊能力”により実年齢の数十倍の年齢を経たものの如き知識と魔力を有していた。それにより、彼は多大な功績を残す事になった。 現在のレニス王との、現在にも至る友情を育んだのはこのときである。

 度重なる戦乱が終結し、世界に再び安息が訪れた時。 それまでアルベルトと同じ一軍人であった“レニス・スタッカート”は、前王の意思により、後任の王として玉座に着いた。

 この大戦が始まるきっかけともなった人物であり、“魔人”とされていた人物と、その側近たちを、たった“五人”で殲滅した“勇者”の一人に対する、前レニス王からの最大級の賛辞であった。

 この日を境に、アルベルトの進む道は決まった。

「戦いが終ったら冒険者になる。」

 口癖のようにそう語っていた少年が、世界最年少の宰相として、世界最強の国“レニス王国”の舵を取ることになったのである。