博士の風変わりな研究と飯のタネ(22)

 高速戦闘。 それも音速で戦うために製作されたハウザーの“アシュラ・8”の装甲は、通常の革鞭などでは幾ら叩いた所で傷一つ付かない強度と防御力を誇ってる。 しかし、ガルシャラの手にしている鞭に対しての場合は、話が別だった。

 十数メートル離れた距離でありながらも、ガルシャラはかまわず鞭を振るった。 力が加わる事で、“直径が狭まり、全長が伸びる”と言う特殊な編まれ方をした鞭は、まるで蛇の威嚇音の様な音を立て、ハウザーの背に向かっていく。

 舗装された地面を削り、ようやく停止したハウザーは、自分の背に向かってくる鞭に槍先を向ける。 振り返る時間も有らばこそ。槍に添付された魔法を展開させた。 槍の表面が蒼くスパークすると、低い羽音のような振動音を上げてその表面に複雑な模様が浮かび上がった。 銀一色の槍の表面を、滑るように蠢きながら複雑な文様が動く。 その模様が浮かび上がると同時に、槍の先の空間がレンズを通したように歪む。その歪みが形成されるのと、同じ場所に鞭が到達するのはほぼ同時だった。

 円のような形状の歪みに鞭が触れる。その瞬間、何かが爆ぜるような音と共に鞭が弾き返される。 空間を急速に膨張させ、何かが触れた瞬間爆発。リアクティブアーマーのように衝撃を殺す。それが槍に添付された、防御魔法の一つだった。

 魔法が鞭を弾き返すのを確認する間も無く、ハウザーは体をガルシャラの方に向ける。だが、視線の先に人影は無かった。 ガルシャラは上に居る。ハウザーがそう判断するのと、反射的にブースターを吹かしたのは同時だった。

 ガルシャラは鞭を振るった直後。上空に跳躍していた。 高さにして4メートル強。距離にして十メートル弱。 その上昇中に鞭は弾かれ、ハウザーは後ろに振り返った。ガルシャラがさっきまで居た場所にハウザーの視線が行く前に、ガルシャラの手元に鞭のコントロールが戻る。刹那、ガルシャラは鞭を持った腕を素早く振り回した。 まるで規則性も無く、むやみやたらに振り回しているだけのように見える。が。実際にそうであるはずが無かった。 何度も力が加わる事で数倍にその全長を伸ばした鞭は、まるで網のように隙間無く空中を蹂躙する。そして、その立体的で広範囲をカバーするようにのた打ち回った形状のまま、ハウザーの頭上に殺到したのだ。

 野生の感。とでも称すべき直感でコレを回避したハウザー。 数秒前まで自分が居た場所が、まるで大蛇がのた打ち回るかのような鞭に引き裂かれる様を見ながら、手にした槍の尻をあわせ、はめ合わせる。 本来二本一体である槍だが、必要に応じて合体させる事が可能だった。最高速での突撃の時や、攻撃のみに集中したい時、片手を開けておきたい時などの機能である。

 鞭が縮む時の速度と振られる速度が合わさり、ガルシャラ自身で合っても一度振りぬいた鞭の制御は難しかった。 地面を一瞬にして蹂躙した鞭のコントロールが再びガルシャラに戻ったのは、着地した時だった。

 ガルシャラが地面に接地し、衝撃を殺すために体を沈ませる一瞬の隙にを見計らい、ハウザーは再びブースターを点火する。

 このまま鞭を持ったままでは、回避するのは不可能だ。 ガルシャラはそう判断すると、すぐさま鞭から手を離し、沈んだ体を戻す勢いを利用して跳んだ。

 身を捻り、槍をギリギリの位置で回避する。 さほど距離が離れた居なかった事と、ハウザーの位置から突こうとすると地面に向かって槍を向けなければ無かった事が幸いしたのか。突撃速度はさほど速いものではなかった。

 槍を回避されながらも、ハウザーは口の先を吊り上げた。上空に回避させさえすれば、この位置からでなら踏ん張りが利く分ハウザーに有利。 地面に先が刺さったままの槍を小脇に抱え、腕力で無理矢理に上に振りぬく。超振動がはじまるよりも早いその一閃は、的確にガルシャラを捉える。

 空中で身を捻ったガルシャラは、槍をかわしながらも腰に固定していた二本の短刀を引き抜いていた。それをクロスさせ槍の一閃を防げたのは、ガルシャラがハウザーと言う男の常識外れの筋力を良く心得ていたからだろう。

 いなすように槍での打撃を横に流そうとするガルシャラだったが、ハウザーの筋力はその技量を凌駕していた。 いなし切れなかった力が、ガルシャラの巨体をまるで独楽のように回転させ、上空に跳ね上げた。 止めを刺そうと上空に槍を向けたハウザーだったが、そのとき起動させる事になった槍の機能は破壊のためのものではなく、防御のためのそれだった。

 上空に跳ね上げられたガルシャラはすぐさま短刀を放すと、腰に刺した身長ほども有る大剣の柄に手を添え、引き抜いた。横方向への回転と振りぬく速度をを乗せて、的確にハウザーに向かって振り抜く。 並みの動体視力と筋力で出来る芸当では無い。

 衝撃緩和魔法陣が銀色の槍を蒼く滑る。その横っ腹を、真っ黒な大剣が叩き、金属音を響かせる。

 打ちつけた衝撃でガルシャラの体が横に飛ばされ、ハウザーの体をよろめかせる。

 宙で身を捻り、まるで軽業師のような身軽さで着地するガルシャラ。いつの間にか手にしていた鞭軽く引き、地面にめり込んでいた部分を手元に戻すと、手首を捻って円状の束にして腰のホルスターに収納する。 空中に放り投げていた短剣は、まるで狙い定めたかのようにガルシャラの目の前に落ちてきた。それもキャッチする直前に、大剣も収納。短刀を逆手に気軽そうにキャッチすると、ハウザーの方に目を向けた。

「腕は落ちて無いみたいだな。 団長なんだから実戦場からは離れてたんじゃないのか?」

「ふざけろボケが。」

 軽口を聞くガルシャラに、ハウザーは舌打ちを一つ。

「テメーのシマはテメーで守るのが騎士だ。」

 そう言ったハウザーを、ガルシャラは心底楽しそうな顔で眺めると、手にした短刀をくるくると手の中で回す。

「そう簡単に蹴り付きそうにも無いな?」

「時間稼ぎか?」

「かも知れんな。って、言いたい所だが。お前相手に時間稼ぎ出来るともあんまし思えないな。 アンタ実際化け物だし。」

 気軽そうに言いながらも、ガルシャラの表情が真剣なものに変わる。 それと呼応するように、ハウザーも槍を構えな直した。

博士の風変わりな研究と飯のタネ(21)

 東洋の神。阿修羅から名を取ったハウザーの鎧。“アシュラ・8”。その特殊な運用方法から、装備できる武器はごく限られていた。即ち、突撃用の槍のみである。 他の武器も持とうとすれば持てるだろうが・・・音速を超える突撃に耐えるためには、刀や剣では心もとない。 ハウザー自身、元々槍使いであったため、好都合でもあった。

 対するガルシャラの装備は、大振りの剣と二振りの短刀。それと、金属と炭素繊維で編み上げた、高硬度鞭である。 完全武装のハウザーに対し、黒いTシャツに黒いパンツ。サングラスと言うラフな恰好のガルシャラ。 一見武装で圧倒しているかに見えるハウザーではあったが、ガルシャラと睨みあうその姿に油断や隙は一切無かった。 それどころか・・・。 恐ろしいまでの殺気を、隠そうともせず放っているのだった。

 ガルシャラが弾いたビールの王冠は、まるで弾丸のような速度で地面に向かって落ちていった。 下に向かって思い切り弾いたのだから、無理も無い。

 普通ならズルっぽいこの行動だが、常人と反応速度やら反射神経やらが桁違いなこの二人には、この位が丁度良いのだ。

 高速で打ち出された王冠は、地面にめり込み拉げ、まるで弾丸が着弾したような音と砂煙を上げた。

 最初に動いたのはハウザーだった。 王冠が地面に設置した瞬間、背中と太股のブースターを吹かすと、ガルシャラの足元を狙いランスを突き出しだ。 突き出されたランスは、ただの鉄の塊ではない。超振動粉砕機能を有し、今まさにその性能を遺憾なく発揮している凶器だ。

 一瞬で接近してくるランスに、ガルシャラは軽く横移動で対処避けると、すぐさま腰に括りつけた鞭を引き抜いた。 しかし、抜ききりハウザーの方に体を向けた時には、既にその姿は十数m離れたところに有った。

博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 かってに次回予告

 賞金稼ぎ。冒険者。海賊。 昨日までは平和だった大都会“アクアルート”が、次々に現れる武装集団に蹂躙されていく。

 軍隊が収集に動き出すも、強力な彼等の前に、なす術も無く倒されていく。

 震える民たちが身を寄せ合い、絶望に戦慄する中・・・

 銀色の閃光が空を裂く。

 次回。 白銀のハウザー。「光臨 シルブリントップ」 ご期待下さい。

 

「と言う番宣を思いついたのだがね。」

「俺はスーパーロボットか。」

「近いものはあると思うのだがね。」

博士の風変わりな研究と飯のタネ(20)

 剣が唸り、まるで蝿でも払うかのように弾丸をなぎ払う。 棍棒でも振るうような風斬り音を上げる剣は、切り裂いた風を衝撃波として打ち出し、敵対者を襲う。

 銃を操る敵対者は、衝撃波と言う目に見えない巨大な破壊の風を、剣の動きで予測し回避すると、剣使いの背後の鉄骨に照準。引き金を引く。 打ち出された弾丸は狙い違わず、“鉄骨にあたり兆弾し、剣使いの背中に着弾する”。

 しかし、兆弾で威力の落ちた弾丸では、とても剣使いの装甲は貫けるものではなかった。

「兆弾かよ・・・。良く当てられるもんだぜ・・・!」

 剣使い。 英児は楽しげにそう呟くと、体を沈ませ、跳躍。一気に敵対者、ジェーンとの間合いを詰めると、大上段から斧でも扱うようなような大げさな動作で剣を振り降ろす。 防御を無視した動きだが、全体重と腕力を乗せた剣撃は、思いのほか速い。完全に攻撃のみに集中したためか、鋭さと言う点では不可視である衝撃波の上を行っていた。

 一瞬で間合いを詰めてきた英児に対し、ジェーンは反射的に引き金を引いていた。狙っていたのは、英児の剣である。 現在込められている通常弾では、英児の装甲を貫く事は出来ないし、速度の乗った突進のようなこの攻撃を止める事は出来ない。ならば・・・。

 ジェーンの狙い違わず、英児の剣は、“弾丸による僅かな衝撃”から起きたブレと、ジェーンの僅かな体重移動により避けられてしまう。 ジェーンの真横の地面に剣を叩き込む形になった英児。 無論、ジェーンはこのチャンスを見逃さない。土や衝撃波を避けるため横飛びに飛びながら、ジェーンは両手に持ったリボルバーの引き金を引く。

 マズルフラッシュが輝き、弾丸が英児の体に吸い込まれるように接近していく。だが。英児は地面を砕き、突き刺さった剣を無理矢理引き抜くと、裂帛の気合いと共に飛び上がる。とは言っても、落下時の衝撃と突き刺さった剣の重さで、そう高くは飛べない。だが、それで十分だった。 僅かに浮き上がった体を捻り、棒高跳びのような体勢を作る。 ジェーンの銃は、あくまでリボルバーだ。装弾数は、左右合わせても12でしかない。それに付け加えて、ジェーンの異常なまでの早撃ち。それが返って仇となり、逆に避けなければいけない“弾幕”の範囲を狭めていたのだ。

「ちっ・・・。」

 ジェーンは一つ舌打ちすると、バックステップで距離を離しながらリボルバーに弾丸を込めた。袖口の機構から弾丸がホップアップし、一瞬で装弾は終る。弾丸には全て、“不可視”と“無音”の添付魔法を施す。破壊力は期待できなくなるが、命中性を重視すれば一番良いチョイスだろう。

ジェーンが装弾を終え、再び銃口を英児に向けるのと、英児が体勢を立て直し剣を構えるのとは、ほぼ同時だった。

「面倒臭い男だなお前も・・・。」

「テメーに言われたかねぇよ。気合斬避けやがって見えねぇ癖に。」

 御互い憎まれ口を叩きながらも、得物はしっかりと相手の急所を狙っている。

 長引く。 二人がこの戦いを、そう判断したそのときだった。

 周りのビルの影から、ユラリ、と・・・。 “無数の黒装束の人影”が現れたのは。