博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 ちょっと前のジェーン少女とDr

「ふむ・・・君は魔法の才能が有るようだね。と言うか、既に魔法を使っているのだろうと思うわけなのだがね。」

「まほうってなんだ。」

「うむ。君が普段している発火や、物質透明化。衝撃添付などだね。」

「あ〜。」

「意味がわからないかね? 要するに、その辺のチンピラをボコすのに使っている力の事だと思うのだがね。」

「あぁ〜〜。」

「無意識で使っているようだね。あれは、普通の連中にはなかなか仕えない力なのだよ。特別とまでは言わないが、珍しい力ではあると思うのだがね。」

「ちから。」

「うむ。力だね。」

「そうか。」

「ただ、やり方次第でもっと君の力は強くなると思うのだがね。」

「おまえもつかえるのか。」

「うむ。それなりには使えると自負しているのだがね。 その辺の魔術師には負けないと思うのだがね。教えて欲しいかね?」

「おしえるな。」

「盗むかね?」

「あ〜。」

「はは・・・。では、盗まれないように気をつけようと思うのだがね・・・。」

「ぬすむ。」