博士の風変わりな研究と飯のタネ 番外編 Drレポート

Q、まずはお名前を。

「私には名前が無いのだがね。 色々な悪魔が混ざっているせいか、コレと言って特徴も無いしね。 元々はフェネクスだから、Dr・フェネクス、プロフェッサー・F、などと呼ばれているよ。」

 

Q、ご職業は?

「冒険者だね。冒険者。 ああ! 実にスリリングでよい仕事だと思うよ! 本当ならば私もガルシャラ達の様に“冒険屋”を名乗りたいのだが、彼等ほど卓越しては居ないからね。 細々と冒険をする者として暮らしているのだよ。 実は冒険者と言うのは、スリルの割りに収入が余り宜しくなくてねぇ。 命がけの仕事の割りに貰いは傭兵ほど良くないのだが、まあ、それでも食い扶持と研究費用、研究対象には困らないからね。私には最適の仕事だと思っているよ。」

 

Q、ご専門は?

「魔法も使うし、腕力にも少々自信があるね。 こんななりなのだがね。はは。 まあ、様々な悪魔の特性を得ているが故に、専門になることは無いと言って良いよ。全てがそれなり・・・。 まあ、いまは趣味として兵器を作っているね。 魔剣や機動鎧。パワードスーツなどなど・・・。 最近作ったもので自信があるモノとしては、“クマ耳型人体リミッター解除装置”だね。 コレは脳がかける人体活動のリミッターを解除する、いわば火事場のクソ力を強制的に引き出すための道具でね。是非、純朴な田舎の少女につけてもらいたいのだよ!」

 

Q、得意技(戦闘系)など一つ。

「私は専用の隔離世を持っていてね。言うなれば私専用の別次元といった所か。そこに相手を引きずりこみ、そこに用意して有る無尽蔵の“私の魔力結晶”を使って戦う・・・といったところかね。 結界世界“紫の結晶原”。それが技の名前であり、その世界の名前だね。」

 

Q、悪魔的には、神様とか怨んじゃったり?

「そうでもないねぇ。私は元天使だったのだが・・・いや、ただのフェネクスの時の話なのだがね? その気になれば私なぞ、一瞬で消す事も出来ただろうに。それをしなかった。神とは慈悲深いね。 いや。もしかしたら、私は堕天する事になっていたのかもしれないね。悪魔になるために。 これは想像なのだが、我等悪魔は必要なものなのかもしれないね。人をたぶらかし、貶め、打ち破られる存在として。つまりヤラレ役だね。ま、私の勝手な想像だよ。忘れてくれたまえ。」

 

Q、魂喰ったりします?

「しないね。 いつも言ってるのだがね。私は別に“悪魔の契約”と言う奴や、取引をしなくても、食料と水があれば生きていけるのでね。まあ、無くても死なないのだがね。不死だけに。 もっとも、契約や取引に関してはすることは有るね。魂や何かを奪うためのものではなく、格好をつけるために。 いやいや! 悪魔で有る私が契約と言う言葉を口にするのは、なかなかにかっこいいとは思わないかね?!」

 

Q、最後に、何か言いたい事があれば・・・。

「ふむ。失せ物、荒事、悩み事。 困った事があったら冒険者協会に足を運ぶと言い。きっと、役に立つ人物を紹介される事だろう! そしてもし、そこで私が紹介されたなら。そのときはこの私。全精力と情熱を持って、その依頼をに取り組もう! もっとも。解決できるかどうかは・・・神のみぞ知る。なのだがね?」

 

ご協力有り難う御座いました。

「大したことでは無いよ。私も実に有意義な時間を過ごさせていただいたね。 さて。では約束どおり、君の名前を聞かせていただけるかね?」

“マービット・ケンブリッジ”。 うちの隊長の命令で、貴方を調べに来ました。 危険は無いようだ、と、報告させてもらいます。

「ほうほう。彼かね。今度は是非、直接お会いしたいと伝えて欲しいのだがね。」