博士の風変わりな研究と飯のタネ(4)

 Dr・フェネクスは悪魔である。 悪魔の中でも、不死鳥フェニックスの亜種と言う、兎も角変わった種類の悪魔だ。

 フェニックスとしての例外にもれず、彼も死と転生を繰り返す。 彼の場合のそれは500年周期で、転生して五百年経つと地獄の業火で己が身を焼き、その炎の中から転生。また五百年経つと、その身を焼き、また転生。この繰り返しだ。

 Dr・フェネクスはこの転生の時、記憶と魂、魔力をそのまま新しい体に受け継ぐ。 要するに、生まれ変わるのは体だけなわけだ。

 倒されても蘇り、その魂は滅ぼす事も不可能。五百年経つたびに新しい体を得、記憶はそのまま残り続ける・・・。 これほど厄介な悪魔が居るだろうか。

 まぁもっとも。 彼が人類の天敵になる事は無いだろうから。それほど脅威に感じる事も無いのだが。

 

「頂きまーすっ!」

 バシンッ!! と手を合わせ、大声を張り上げるジェーン。 気合を入れて茶碗を持つと、恐ろしい勢いで丼飯をかっ込み始める。 美女がオカズもなしに白米だけをかっ込んでいる姿と言うのは、実に滑稽な図である。

 もっとも。滑稽と言う意味では、それを眺めている人物の方が大幅に滑稽ではあったが。

 その人物とは勿論、Dr・フェネクスの事である。 頬杖を付いて美味しそうにご飯を食べるジェーンを眺めるその姿は・・・。 ませた小学生のようだった。

 紺の半ズボンに、よれよれのワイシャツ。お約束のように羽織った白衣に、オールバックに固められた髪形。 時々ずれ落ちる眼鏡は、明らかに大きすぎるサイズだ。

 元来鳥の形であるDr・フェネクスだったが、「人の形が一番研究し易いから。」と言う理由から、数十回前の転生からその姿をヒューマン系にしているのだった。

 彼が前に生まれ変わったのは、大体五年前だ。 つまり肉体年齢で言えば五歳児。 流石に人間の子供よりは成長が早いので既に小学校中学年サイズになっているが・・・。とても数万年もその記憶を保ち続けてきた大悪魔には見えなかった。

 そんなお子様サイズのDr・フェネクスは、呆れたように眉をひそめ苦笑すると、手にしたフィギュアを机に置いた。

「あまり急ぐと喉につかえる。 気を付けたまえよ?」

「ふぁいふぁい。わはってまふふぉ。」

 口一杯に白米を頬張りながら喋るジェーン。

「別にとりはしないから落ち着いて食べたまえよ。しかしオカズもなしに良く米だけを食べられるね。 私はどうも米自体が食べずらくて仕方が無いのだが・・・。箸が使えなくてね。 不器用だとそう言うところが困るね。米自体の味はすきなのだがね。」

「米をオカズに米を食うんだよ。この町じゃパンが主流だ合うオカズないしね。ってか、誰が不器用だって? 0.0数ミリ単位の歯車とか作ってるくせにさ。」

「はっはっは。それとこれとは別なのだよ。」

 体を反らせて笑うDr・フェネクス。 子供の外見にしては妙に落ち着いた態度と言葉遣いのせいか、どうにも独特の雰囲気を放っていた。

「で、今日は何のようなのかね? まさか飯を食いに来ただけでは有るまい? そう言ったどうでも良い理由で私の研究を邪魔した時の代償は・・・君も心得ているだろう?」

「わかってるよ。Drのアホ装備の試着しろってんでしょ?」

「アホ装備とは何かね。前にあてがった“バニースーツ型魔法発動補助スーツ”はなかなかの性能だっただろう?」

「性能は良いとして外見がアホ過ぎるんだよ。ちゃんと人前で着れる奴考えなよ」

「失敬な。良いではないかねバニースーツ。君のように異性にとって魅力的な女性がアレを着るというのは、実に素晴らしい事ではないかね! まあ、私としては艶かしいより可愛らしいデザインの方が機能的だと思っているのだが、それは君には似合わないからここはあえて目を瞑ろう! なに、大人の女性にも合う兵器を作るというのは大切だからね、そう言う柔軟でおおらかな心は大切だと思うのだがね!」

 ぺらぺらと捲くし立てるDr・フェネクスをガンムシしてご飯をかっ込むジェーンだった。

「ふむ。聞いていないようだね。人の話は聞くようにと、いつも言っていたと思うのだがね。」

「Dr、悪魔だし。」

「まあ、その通りなのだがね。で、結局用件はなんなのだね?」

「そうそう。それよそれ。」

 ジェーンは空になった茶碗と箸をソファーに置くと、チョッキの内ポケットから一枚の紙を引っ張り出した。 そこには、気の弱そうな少年の顔写真と、“捕まえた者に賞金5万”の文字が。賞金首と言う奴だ。

「しかし本当になぜ白米だけでそれだけ食べられるのかね? 不思議でたまらないのだが。」

「それはどうでも良い!」

「少年を捕まえて五万かね? 五万といえば車が買える金額だね。一体どんな事をしたのかねその少年は。」

「そーう。注目点はそこ! 私達二人なら子供ひとり捕まえるなんて簡単!どうせ研究研究でロクに仕事してないんでしょ?」

 ジェーンの言葉に、ふむ、と、納得したような表情になるDr・フェネクス。

「確かに研究ばかりしていたせいで仕事をしていないね。いつもの冒険も良いが、賞金首を追うというのも魅力的だ。この少年がどうして賞金をかけられたのかも気になる。良いだろう。私も手伝おう。」

 頷きながらジェーンから紙を受け取るDr・フェネクス。

「ふむ。しかし・・・なかなか波乱万丈そうな少年だね。」

「そう? 可愛くて、なんか保護良くそそる顔立ちしてるし。結構良い生活してンじゃん? ま、もっとも賞金かけられるくらいなんだし。そう言うわけでもなさそうだけどねぇ〜。」

「いやいや。私が言いたいのはだね。もっとこう、女難の相。とでも言えば良いのかな・・・。」

 う〜む。 と、難しそうな顔で唸るDr・フェネクス。 「なにそれ〜。」と、このときはジェーンに笑い飛ばされるのだったが・・・後でその感があたっていた事を、嫌と言うほど思い知るのだった。